【知ってて良かった!】顔の3ヶ所を見れば相手の過去現在未来がわかる

【知ってて良かった!】顔の3ヶ所を見れば相手の過去現在未来がわかる人相占い(顔の形)
スポンサーリンク

付き合おうと思っている、あの人の過去・現在・未来を知りたくないですか?
好きで好きでたまらない、でもどんな過去があるのかわからないし、できれば将来性があるのかも知りたい…。

そんな時には、まず顔の3ヶ所(額、眉から鼻先、鼻先からアゴ)を確認することが必要です。
なぜなら、この3ヶ所を見れば相手の過去・現在・未来が分かるからです。

読み取るコツは記事の中で説明して行くので、最後まで読んでマスターしてくださいね。

スポンサーリンク

顔を3つに分けて見ると過去・現在・未来が分かる!

人相には三停(さんてい)と言って、人の顔を三分割して見る考え方があります。

三停は以下の3つの箇所から成り立っています。

  • 上停(じょうてい)…生え際から眉毛まで
  • 中停(ちゅうてい)…眉毛から鼻先まで
  • 下停(かてい)…鼻先からアゴまで

上程は過去、中停は現在、下停は未来を意味していて、それぞれの幅が同じ比率であれば良いとされています。
しかし、完璧に同じ比率の人の方が珍しく、比率が異なっているのが普通です。

上停(生え際から眉毛の広さ)で過去が分かる

生え際から眉毛までの上程は天運と言い、生まれ持った環境に関係する箇所です。
15歳から30歳までの運命を意味し、過去について見ることができます。また上程は、家族仲・人間関係・知力・思考力を意味する場所でもあります。

上程の広いせまいは男性は指5本、女性なら指4本が標準と言われています。
しかし、顔の大きさ・手の大きさは人によって異なってくるので、顔全体のバランスから判断したほうが良いでしょう。

上程が広ければ育ちがよく、人間関係もうまく行く

上程が幅広く綺麗であれば、良い家族に恵まれ良い教育を受けて育ってきたと言えます。
知能が高く人間関係も良好で、周りからのサポートを受けて事業もうまくいくと言われています。

ただし中停・下停と比較して広すぎる上程は、31歳以降の人生が失速して行くことを意味しているため良くありません。
あくまでも全体的なバランスが大切です。

上程がせまければ、家族仲が悪く良い教育を受けていない

上程がせまく傷・アザがある人は、若い頃から家族仲がうまくいっておらず、良い教育を受けていない可能性があります。
額のせまい人は分析力に乏しく、知的な仕事よりも体を使う仕事に向いています。

また上司や先輩など目上の人から引き立てられることもなく、事業をスタートしたとしても苦労することが多いです。

上程を見るときのポイント

上程を見るときのポイントは、以下の通りです。

  • 上程が他の箇所と比較して広ければ、育ちが良い
  • 上程が広すぎる場合は31歳以降の人生は失速して行く
  • 上程がせまいければ良い家庭環境が悪く・良い教育も受けていない
  • 上程にアザ・傷があるのも良くない

育ちのいい人・知的な人と付き合いたいなら、上程の広い人と付き合うのがいいですね!
他の箇所と比較して上程が広すぎる人は、知性はあるのですが中年以降失速していく可能性が高いため注意が必要です。

中停(眉毛から鼻先の広さ)で現在がわかる

眉毛から鼻先までの中停は人運と言い、自分の力で道を切り開いて行くことが出来るか占う箇所です。
31歳から50歳までの運命を意味し、現在について見ることができます。
この年代は働き盛りの年齢のため、この部分が充実している人は健康と知能が充実していています。その結果、キャリアアップや名声を得ることができ、富も増えていきます。

広いかせまいかは、上程同様顔全体のバランスから見て判断してください。

中停が広ければ、地位と名誉を得て富も増える

中停が広いと31〜50歳の働き盛りの間、健康で仕事もうまくいきます
また耳と鼻の長さが同じで、眉間にもう一つ目が入るような広さで頬がしっかりと出ていれば、さらに良いでしょう。
健康で仕事もうまく行くため、地位と名声を得て富を蓄えることができます。

中停がせまければ、実行力がなくお金も増えない

中停がせまい人は、想像力が豊かでクリエイティブなのですが実行力がなく何事もうまくいかない可能性があります。
当然仕事もうまくいかず、金銭的にも苦労します。

中停を見るときのポイント

中停をを見るときのポイントは、以下の通りです。

  • 中程が他の箇所と比較して広ければ、地位と名誉を得て富も増える
  • 中停がせまい人は仕事がうまくいかず金銭的に苦労する
  • 中停がせまい人は想像力が豊か

地位と名誉を得て、金銭的な苦労をしたくない人は、中停が広い人と付き合うほうがいいですね。
中停が広くても下停がせまい人は、老後に苦労する可能性があるので注意が必要です。

中停がせまい人はクリエイティブですが実行力がないだけなので、あなたにプロデュース力があって補ってあげることができるのであれば交際しても大丈夫です。

下停(鼻先からアゴまでの広さ)で未来がわかる

鼻先からアゴまでの下停は地運と言い、生きていく地盤や人間関係占う箇所です。
51歳以降の運命を意味し、未来について見ることができます。
また、子孫や土地・住宅・家庭運を意味する場所でもあります。

広いかせまいかは、他の箇所同様顔全体のバランスから見て判断してください。

下停が広ければ、豊かな老後が送れる

下停が広い人は人間関係・住居・土地に恵まれ、よい老後を送ることができます。
夫婦関係も良く、子供・孫にも恵まれ、友人関係も良好です。

ただしアゴが長すぎる人は常に忙しく、ゆったりとした老後は送れません。特徴のあるアゴの場合は注意が必要です。

下停がせまければ、孤独な老後に

下停がせまい人は、繊細で人の目を気にしがちです。
家族や会社関係での人間関係に恵まれず、住むところにも苦労します。
孤独な老後を送る可能性が高いので注意が必要です。

下停を見るときのポイント

下停を見るときのポイントはこちら。

  • 下停が他の箇所と比較して広ければ、家族・友人などの人間関係に恵まれる
  • 下停が広い人は、住居・土地に恵まれ良い老後を送れる
  • 下停がせまい人は、人間関係で苦労する
  • 下停がせまい人は、孤独な老後を送る

50歳くらいまで苦労しても楽しい老後を送りたいなら、下停が広い人と交際するのがおすすめです。
下停がせまい人は老後に苦労するため、注意が必要です。

結論:付き合うべきはこのタイプ!

三停を見るときは、バランスが必要です。
3つのバランスが崩れている人は、良い時もあれば悪い時もある人生を送る可能性大です。
今を楽しみたければ中停が広い人良い老後を送りたければ下停が広い人と付き合うのが良いですね。